成功から学べること

成功から学べること
Advertisement

今朝にですね、「Guideline 4.2 – Design – Minimum Functionality」でリジェクトを受けたアプリの1つが審査を通りました。

審査基準が曖昧な規約なのでずっと不安でしたが、これでひとつ安心しました。また別の記事で、どういう解決手段をとったのか事例を交えて紹介したいと思っています。

あと、app-ads.txt対応も順次認識されていっています。ツイッターにて情報を共有していただいている諸先輩方々、本当にありがとうございます。

昨日(前回記事)はあれだけ不安だったことが今朝の時点で解決の方向に向かっていっているので、意外と簡単に壁をぶち壊せそうです。

こういう不安なことを解決できた成功体験っていうのを僕はすごく大切に消化します。失敗から学ぶことの方が多いとはよく言いますが、僕の場合は成功から学べることも同じくらい多いように感じています。

これは人によって、性格によって違うのかもしれません。

僕は人からよくポジティブだと言われます。昔は自覚がなかったのですが、僕にとっては普通の言動を周りからはポジティブだと言われ続けてきたので、さすがに自覚を持ってきました。

こういう性格だからこそ、失敗して痛い目を見て学んだことと同じくらいに、成功して身についた自信を自分のものにして、困難に立ち向かっていく勇気や、折れない心を手に入れられたんだと思います。

「不安に思ってることの9割は起きない」

これは僕は好きな言葉です。テレビで誰かが言っていました。確かにその通りなんですよね。あれやこれやと頭の中に不安を描いても、結局それがその通りの現実になるなんてことは、意外と少ないんです。

「人生は思い通りにはいかない」というネガティブワードも、捉え方によってはポジティブワードに切り替わるんですね。

今日の段階でアプリのリジェクト問題やapp-ads.txt対応が全て解決したわけではないのですが、諦めずにApple社さんとやり取りを続けたり、手を動かし続けたりしたことで解決の方向に進みましたので、プチ報告をさせていただきました。

今回の件を通してこうしてブログに書くことで、非常に頭の中が整理されていっています。思わぬ副産物です。

充実した人生を送るためには、自分に合った自分だけの教科書を頭の中に作り、その通りに、時には修正を加えて、その教科書の質を高めながら日々を過ごしていくということがコツになるのではないでしょうか。