Guideline 4.2 – Design – Minimum Functionalityを考える

Guideline 4.2 – Design – Minimum Functionalityを考える
Advertisement

アプリをAppStoreに並べるためには、Apple社が制定しているガイドラインの全ての要求を満たしていなければなりません。

その中でも今回は、分かる人には分かる、4.2項について考えてみたいと思います。

Guideline 4.2 – Design – Minimum Functionalityとは、iOSアプリのリリース審査に合格しない原因のひとつであるガイドライン違反のことです。

この4.2項に違反してしまった場合の対処方法がおそらくガイドラインの全内容の中で一番厄介だと思っています。

1.1項の不適切なコンテンツを禁止している所に関しては、単純にそういった内容のものをアプリに含めなければガイドライン違反になることはありません。解決への道筋がハッキリとしています。

しかし、この4.2項で求められているのは、「アプリをアプリとして使えるような最低限の機能が備わっていること」なのです。

つまり、単なるWebサイトへのリンク集や、ボタンを押すとライトが光るだけの機能のアプリは審査に通らないということです。

これはデベロッパーやレビュワーによって捉え方も変わってくると思いますので、この4.2項の要求に対する明確な答えを出すのはなかなか難しいです。

まだAppStoreに並ぶアプリが少なかった頃は、4.2項の審査基準も易しかったのではないでしょうか。

今となってはライトを光らせるアプリや電卓アプリはAppStoreにたくさん並んでいるので、すでに存在しているアプリの模倣品を作っても審査には合格しないです。

せっかく時間と労力をかけて良いアプリを作っても、すでにAppStoreに似たようなアプリがあるせいで審査に通らないなんていうことがないように、設計を始める前に事前に検索をかけて調べておくことをオススメします。

世の中がどのようなアプリを求めているのかを把握し、世に出てない状況であれば迷わずGOですよね。

それが分かれば苦労はしないのですが、設計を始める前のこのマーケティングの部分が一番難しいですね・・・。

自分だけが使うアプリとして開発するのであれば何も気にしなくていいんでしょうが、AppStoreに出す以上は全世界の人々の目につくことになり、それだけ責任も生じてくるかと思います。

Apple社もそのことを考えてガイドラインを作っておられるので、しっかりと決められたルールは守り、その範囲内で最大限の価値を提供できるようにしていきたいですね。