将来への不安と戦って消耗していませんか?

将来への不安と戦って消耗していませんか?
Advertisement

将来への不安と向き合うには勇気が必要です。

見て見ぬ振りをし続けるくらいなら、いっそのこと楽しみに変換しませんか?というのが今回の提案です。

将来への不安というと、どのようなことが挙げられるでしょうか。

金銭的なことや、健康面、家庭面における不安が主な原因となるでしょうか。

将来、職を失ってお金に困るのではないか、大きな病気をしないだろうか、結婚して子供をきちんと育てられるだろうか、親の介護はどうしよう等々、不安を抱えている方は多いと思います。

それらの不安はスイッチ1つで簡単に解決できるものではありません。

ボリュームつまみをじわじわと回していって最後の最後にようやく解決することができるものです。

そして全ての不安が解決する頃には、死への不安と向き合う段階になっています。

つまり、いくら歳を重ねても将来への不安がなくなる人生は訪れないということです。

不安がなくならないのであれば、それを楽しみに変えてほしいと思っています。

僕は自分の将来が楽しみで仕方がありません。バカなだけかもしれませんが。

金銭的な不安に関しては、アプリという資産をネット上に積み重ね、その技術を身につけることで自分はどこまでいけるのだろうということで楽観的に考えています。

健康面に関して、僕は日頃から野菜を多めに食べ、ジムで体を鍛えています。これをやっていて大きな病気にかかるのであれば、それはもう何をやっても防ぎようがありません。

それよりもどこまで体を鍛えてガタイが良くなれるのかがものすごく楽しみになっています。

家庭面に関しては、これはどこまでいっても人と人との付き合いです。身内であろうと他人であろうと、コミュニケーションをとることに消極的になっていては不安を楽しみには変えられません。

人を好きになることを根底に置き、積極的に友達を増やし、また、家族とは密に連絡を取るべきです。

人は人に囲まれると幸せを感じます。不安を楽しみに変えるどころか、今が楽しくなります。

不安を楽しみに変換するこれらのことは、行動力が基となっています。

行動する前に色々考えすぎて動けないという方は、人生を真剣にかつ軽く考えてみてください。

「真剣にかつ軽く」というのは相反することのようですが、そのバランスは重要です。

自分で自分に重りをつけてしまっていないか、真剣に考えてみてください。

そしてその重りを外すことで、自分の将来が明るく考えられるようになってほしいと思います。