天皇陛下を敬うのはなぜか。驚きの結論でした。

天皇陛下を敬うのはなぜか。驚きの結論でした。
Advertisement

イザナギ、イザナミという神様を皆さんはご存知でしょうか。

今ではモンストやパズドラなどのゲームで同じ名前のキャラクターがいるので、聞いたことのある方が大半だと思います。

イザナギ、イザナミは、かつて天の上から矛で海をかき混ぜて日本列島を作ったとされる神様の夫婦のことです。

「古事記」という日本最古の歴史書にその名が載っており、現在までに語り継がれている神話の登場人物です。

この神話には他にも様々な物語が記されており、イザナギ、イザナミ夫婦の子供である天照大神(アマテラスオオミカミ)やスサノオ、ツクヨミなどのたくさんの神様が登場し、あらゆる伝説が刻まれています。

ここで、なぜ天皇陛下は国民から敬われているのかという問いに答えたいと思います。

なんと天皇陛下の家系図をたどっていくと、この神話の中の神であるイザナギ、イザナミにたどり着くんだそうです。

これを知ったときは本当に驚きました。

日本列島を作り出した何千年前に存在したとされる神様の血筋がいまだに続いている一家なんですから、そりゃあ国民から敬われて当然ですよね。

もっと言えば日本国民のみならず、アメリカ大統領も深々と頭を下げて挨拶するくらいですから、天皇の影響力というは国内国外問わず絶大なものです。

神話の内容を見ていると、イザナギ、イザナミの子供であるスサノオがヤマタノオロチという巨大な怪物と戦ったとかいう簡単には信じがたいオカルト的な話もあるのですが、これが嘘だとするとじゃあ天皇の家系とは一体何なのかということになってしまいます。

日本を始め、天皇がこれだけ世界中で敬われている理由を考えると、やはり「古事記」に載っている伝説の数々は実話なのでしょうか。

僕は実話だと信じたいです。その方がロマンがあるので。

「古事記」は漫画版も出ているのでぜひ皆さんも読んでみてください。僕は小学生のときの読書の時間に読んでいたのですが、その時はまさか天皇と結びついていたなんて思いもしませんでした。

すごいことですよね。自分のおじいちゃんのおじいちゃんのそのまたずーっと先のおじいちゃんが神話に出てくる神様だなんて・・・。

普段何気なくテレビで天皇陛下を拝見していましたが、この事実を知ってからは天皇陛下にものすごくオーラが見えるようになってしまいました。

テレビを通してではなく、ぜひ一度は神の血を引いた天皇陛下をいつかこの肉眼でお目に掛かってみたいものです。