プログラミング教育の必修化と教え方について

プログラミング教育の必修化と教え方について
Advertisement

いよいよプログラミング教育の必修化が2020年から始まります。

このプログラミング教育というのは、あくまでもプログラミング的な思考能力を養うことに重点が置かれており、ただ単にプログラマーを育てるためのものではないんですね。

小さい頃からメキメキと力をつけた豪腕プログラマーが生まれると思ってワクワクしていましたが、直接関係はなさそうです。

でもプログラミングに興味を持ついいキッカケにはなりますよね。

国語、算数、英語などの科目は、普段から文字や数字に触れて生活している分、学習に取り組むハードルは低いでしょう。

教育テレビでも勉強できる形で放送されているくらいです。

しかし、プログラミングにおいては自分から飛び込まないと触れる機会は一生来ませんよね。

そういう意味でこのプログラミング教育の必修化には期待したいです。

ここからは、僕なりのプログラミング教育をするにあたっての心構えについてをまとめてみます。

プログラミングの勉強を始めるときは、誰もが初めての体験として取り組むことになります。

プログラミングは他の科目と違い、普段の生活で関わりがありません。

その未体験の領域で勉強を始めるのはかなりハードルが高いと思います。

ですので、まずは身近にある家電製品やPCソフト、スマホアプリなどがプログラミングによって制御されているということを理解してもらうことが必要でしょう。

普段の生活との接点に気付かせてあげることで、プログラミング学習のハードルを下げることができます。

また、その制御は誰にでも出来るということを伝え、じゃあ自分だったらどのように制御してみるか、アイデアを出し合ってもらうのが良いと思います。

そうすることで、プログラミング学習に対するハードルを下げるどころか、ワクワクしながら自主的に勉強に取り組む姿勢が得られます。

各自のアイデアが出たら、次はその制御を5W1Hで説明してもらいます。

いつ(When)、誰が(Who)、どこで(Where)、何を(What)、なぜ(Why)、どのように(How)、ですね。

奇抜なアイデアでもいいんです。

例えば電子レンジで食品を凍らせたいというアイデアの場合、台所(Where)でユーザー(Who)がボタンを押したとき(When)に、溶けたアイス(What)を凍らせるため(Why)に冷気を当てる(How)といった感じです。

このように、アイデアを出す→どうやって実現する?→アイデアを出す→どうやって実現する?→・・・を繰り返すことで、外形的なところから論理的な思考を行う癖をつけることが、プログラミングを学ぶ上での第一歩になると思います。

すでに問題が用意されていてそれに答えるだけの学習なのではなく、自分で問題を用意し、それをどのように解くかを考える機会を与えることが人間的な成長にもつながります。

プログラミングを学ぶことで出来ることや、広がる世界を認知することができれば、その後の学習効率は飛躍的に向上することでしょう。

自分の身の回りにはプログラミングによって制御されているものに囲まれているということに気が付き、それに興味を持って学習を始め、その中から面白いアイデアや社会を豊かにする技術の種が育まれていくことを望みたいと思います。