失敗をカバーしてむしろプラスに転じさせる方法

失敗をカバーしてむしろプラスに転じさせる方法
Advertisement

世の中にはたくさんの失敗があります。失敗をしたことのない人なんていません。

服を前と後ろで逆に着てしまったレベルの失敗であれば大したことはないですよね。

ただ、周りに迷惑をかけてしまう失敗や人間関係での失敗は少なからず遺恨を残してしまいます。

そういった状況に置かれた場合、どうすれば最小限の被害に抑えられるでしょうか。

それは、自分が犯した失敗をしっかりと自覚することです。

自分の失敗を認めず、なんとか取り繕おうとして右往左往することが一番愚かだと思います。

花瓶を割ってしまい、その破片を集めて元の形に組み合わせようとしても決して元には戻りません。

つまり、いくら悪あがきをしても何の役にも立たず、むしろ醜いだけです。

時間を過去に戻すことはできないですから、失敗をしてしまった以上は「自分はこういう失敗をしたんだ」という自覚を持つことです。

そして、過ちを悔やむ暇があったら、一刻も早く失敗をカバーできるような次の行動を取るべきなんです。

くよくよした思いをかき消して次の行動に移すべきなのは、言うのは簡単ですがなかなか難しいですよね。

しかし、その難しいことをやらなければならないということが、失敗を犯した自分に対する唯一の反省と罪滅ぼしになるのではないでしょうか。

失敗によるペナルティは他人から課せられるものではありません。

自分自身で次はどうすればいいのかを考え、素早く行動することこそが反省と次に繋がるペナルティとなり得ます。

失敗を犯した人のその後の行動というのは、意外と周りの人は見ています。

これはむしろチャンスと考えませんか?

失敗をし、注目された中で何かしらの実績を上げることが出来たら、失敗によるマイナスをプラスに転換することができます。

ヤンキーがゴミ拾いをしていたらとても優しい人のように感じるのと同じで、失敗をした人が注目を浴びた中で十分な活躍をおさめる事が出来たら、その人の評価は爆上げするでしょう。

これを知った上であえて軽い失敗で注目を上げておくという戦略もありだと思います。

頑張っている人たちに囲まれて周りよりも成果を上げたければ、こういった普通ではやらない作戦も時に有効となります。

主張することなく真面目にコツコツやるよりも、あえてこういう裏技的な手法を交えたほうが、より自分の人生を理想に近づけることができる気がします。

せっかくの人生ですから、考えなしに生きるのはもったいないです。

常に戦略を練りながら、焦ることなく、人生を謳歌していきましょう。