質よりも量が大事

質よりも量が大事
Advertisement

当サイト(ヤヨイ帳)は僕が開発したアプリをAppStoreにリリースするときに必要なファイルを含んでいるので、主な目的はそれです。

ただ、せっかくサーバーをレンタルしてWordPressをインストールしたのにも関わらずWebサイトのメインであるライティングをしないのはもったいないなと思い、こうやって時々は記事を投稿していこうと思います。

さて、偉そうに「質よりも量が大事」と書かせてもらいましたが、これは最近のアプリ開発に関する僕の持論です。

アプリ開発における僕のスタンスとしては、とにかくたくさんのアプリをリリースすること、そして、新しいスキルに飛び込むことに徹することです。前者に関しては、初めの頃はリリースする段取りが当然ながら身についていないため、今では30分で終わるような作業に2、3日費やしていました。

問題は後者です。新しいスキルに飛び込むというのは、例えばスマホのライトを自動で点けたり消したりする処理が昨日までは動かなかったが、今日ようやく動くようになった、というように、過去の自分には出来なかったことが出来るようになる(身につく)ということです。

「こういう機能をつけたい」→「でもどうすればいいのかわからない」→「よし、調べながらやってみよう」→「あー無理、むりむり心折れる」→「出来たあああああああああああああああ」の繰り返しですね。デベロッパーの方々ならばこういった経験は数え切れないのではないでしょうか。

その中で、ときには心が折れたまま諦めることもあります。そういったときも立ち止まることなく他のスキルをコツコツと身につけていくうちに、ある日点と点が繋がって過去出来なくて諦めたことが出来るようになったりもします。

ここで話を戻しますが、この未知な領域で身につくものにもなにもないと思うんですよね。とにかく昨日まで出来なかったことに対しての挑戦()を重ねて、経験を積んでいくしかないです。

そうやっていくうちに、わからないこと、出来ないことに対するアプローチの方法が身についていき、そこから初めてを求める段階になるのではないでしょうか。を追い求めた先にがあるんだと思います。

確かに、初めから効率の良い勉強方法があって、それを追求できれば成長は早いんでしょうが、アプリ開発は出来ることが山ほどあります。つまり、勉強しなければならないことも山ほどあり、正解のルートというのは明確には存在しません。だからこそのを求めたがむしゃらな経験の積み重ねがよりも大事である所以だと考えています。

・・・ただし、筋トレは量より質なんですよね。内容がブレてしまうのでこの話はまた別の記事で書こうと思います。

以上になります。こんな一方的なアウトプットを最後まで読んでいただきありがとうございました。次回の記事も読んでいただけると嬉しいです。では!